株式会社GMC

経営者対談

経営者対談

なぜ、私がこの商品を作ったのか?

自分の恩師である阿南先生との対談を元に、ご説明させていただきます。

阿南節子 早川恵
早川 恵

Profile
株式会社GMC代表取締役早川恵(はやかわめぐみ)
奈良県生まれ。1996年京都薬科大学薬学部生物薬学科卒業。
1998年同大学大学院薬学研究科修士課程修了。医薬品卸企業の管理薬剤師、製薬企業の研究開発部門、安全管理部門、大手ドラッグストアの勤務薬剤師と、医薬品業界の業種を全て経験。機能性研究、製剤研究に加えて、数々の健康食品を開発した。製薬企業に従事していた時、当時の直属の上司からMBA取得を勧められ、2011年英国国立ウェールズ大学経営大学院入学、2013年同大学院修了、MBAホルダーとなる。その後同志社女子大学薬学部国家試験対策室にて薬学生の国家試験対策に従事。2015年3月株式会社GMCを創業、代表取締役に就任。

阿南 節子

Profile
同志社女子大学薬学部特任教授阿南節子(あなみせつこ)
大阪府生まれ。1973年近畿大学薬学部卒業。
大阪府市立堺病院で長年勤務しながら、2002年武庫川女子大学薬学部大学院修士課程修了、2009年同大学院博士取得、薬学博士。がん認定薬剤師国内(近畿地区)第1号。日本病院薬剤師会感染制御専門薬剤師の部門長や、市立堺病院にて薬剤部長を歴任。現在、同志社女子大学薬学部医療薬学科特別任用教授。専門は、感染制御研究ならびにがん薬物治療におけるサポーティブケアの研究である。また、同大学の教授でありながら、2011年英国国立ウェールズ大学経営大学院に入学、2016年同大学院修了、MBAホルダーである

Qなぜ起業して、自ら商品をつくろうと思ったのですか?

A自分の経験で、糖尿病の薬の副作用が大変だったので、今の患者さん、未来の患者さんたちに、そんな思いをしてほしくなかったからです。

Qなるほど、ご自身も糖尿病患者さんだったのですね。どんな副作用があるんですか?

Aほんとに大変なんですよ。血糖値を薬で下げますので、低血糖の危険は常にあります。血糖値が下がりすぎると、命にまで影響が出る恐れがあります。その他胃腸症状(吐き気、下痢等)等があります。薬の副作用は、命にまで影響が出るほど強いものなんです。

Q糖尿病って、合併症が怖いって聞いたのですが、ご自身にもご経験が?

A怖いですよ!実際自分も高血圧を併発しましたしね。高血圧の状態が続くと、眠れないという症状が出て、うつ病にも繋がります。
また、一般的には、高血圧に動脈硬化が重なると血管が詰まり、脳血管疾患(脳梗塞、脳卒中等)、心血管疾患(心筋梗塞等)が発生します。

Qそのご経験と、ご自身が薬剤師であることを活かして、商品を開発されたんですね。

Aそうなんです。 薬剤師である自分が一番納得できる商品、つまり
①摂取し続けることができる
②医薬品のような副作用がない
③持ち運びに困らない(重くない)
④ゴミの分別に困らない
商品を開発しました。

Q健康食品のカテゴリーで商品を企画したのは?

A薬以外にも、たくさんの健康食品を試しましたが、どの商品も確実に血糖値が低下したという効果実感を得ることができなかったんです。副作用がない食品で、かつエビデンスがある成分を用いて、続けることができる製品を自身で開発しました。

Qそれが、一つ目の商品「グルコゼリー」なんですね。

A「とにかく効果実感を得ることができて、かつ摂取に苦労しない健康食品を、何が何でも開発する」という一心でした。糖尿病は一度罹患すれば一生付き合っていかなければならない病気です。それなら、人の体にとって安全•安心できるものを、副作用がないものであれば安心できる、さらに美味しいものであれば一生続けることができると考えました。

Qもう一つ、「睡眠改善」目的の商品もありますが、これも、ご自身の体験から?

Aそう。これも、自らの体験からなんです。当時、抗うつ薬や睡眠薬の副作用との戦いでした。最終的には、人として法律を守って、倫理に反することなく、その時にベストと思える方法を選択して想定する結果が出せればいいと思えて楽になりました。

Q今は、全然そんな風に見えませんね。

Aおかげさまで、回りの方々に支えていただいています。人が笑顔で過こすためには、最低限健康であることが必須です。私自身が開発した商品を通じて、自分が体験した大変だったことを乗り越えられるよう、また皆さんが笑って過こすことができるよう、お役にたてたらと思っています。

Q最後に、会社名「GMC」って、どんな意味があるんですか?

A「Gesundheit:健康」
「Menshen:人」
「Chemie:化学」
という意味。
人の健康に徹底的にこだわり、食品原料が持つ力を組みあわせて化学反応を起こし、さらに良いものを生み出し、製品として提供する、という意味です。